ホーム工事費用一覧>雨樋・雪止め取付け

火災保険でリフォーム?

皆さんは住宅のリフォームを検討中の際にチラシやインターネットの広告で火災保険でリフォームできますといった情報を目にしたことはありませんか?


しかし実は、火災保険で修理や補修をすることは可能でもリフォームすることは不可能です。リフォームと修理・補修は全く別のこととお考え下さい。具体的な違いをここでご紹介致します。

リフォームと修理・補修の違い

リフォームを補修の違いをご紹介します。

リフォームとは?

リフォームとは現状でも使えるものを古くなってきたので自分の好きなように、使いやすいように変えることを言います。例えばお風呂をもっと広くしたいやトイレに手すりをつけたいや壁紙が汚れたから綺麗にしたいといったことはすべてリフォームに当たります。

ではどのようなことが修理・補修と言うのでしょうか?

修理・補修とは?

修理・補修とは、今あるものが壊れてしまい使えなくなってしまった原因のみを直すことを言います。例えば、台風が来て大きな飛来物が外壁に直撃し穴が開いてしまった場合、外壁をすべて交換するのではなく穴のみを直すことは修理・補修に当たります。


リフォームと修理・補修の違いを屋根で例えてみましょう。


屋根の瓦が1枚落ちてしまったからこの際瓦を全部取り替えよう→リフォームになります。
屋根の瓦が1枚落ちてしまったので1枚だけ元通りに直そう→修理・補修になります。


このようにリフォームと修理・補修は一見似たように見えてまったく別の工事方法だということになります。


火災保険でリフォームはできません。しかし、火災保険に加入していればこのような修理・補修は可能になる可能性があるのです。ではどういった時に火災保険で修理・補修が可能になるのかご存じですか?火災保険は火災の時のみの保険ではないことをここで知ってください。

火災保険で対応できる可能性がある修理・補修

火災保険でも保険適用で修理・補修できる事例とできない事例があります。

今回は、火災保険適用のできる事例をご紹介致します。

強風・台風・豪雨・風雪・洪水などの自然災害

このような自然災害は場合にもよりますが、火災保険が適用になる事例です。

例えば、突風や強風で住宅の屋根や瓦などが飛ばされてしまった場合や、台風の強い雨風で予期せぬ雨漏りが発生してしまった場合や、積雪による雨樋の破損・カーポートの破損等加入している火災保険の種類にもよりますが、洪水などの水害も保険適用になる可能性があります。

火災保険は優れた保険

外壁・外装だけでなく、屋根、雨樋(雨どい)、カーポート(車庫)、ベランダなど家の外回りのほとんどは保険が適応されます。残念ながら多くの方は風害、水害、雪害などの様々な自然災害に火災保険が申請できる事を知りません。被害にあっていても気付かないまま見過ごされているというのが現状です。「この程度では保険申請しても無理だろう」と思われたケースでもかなりの確率で補償が適用されています。

雨どい・雪止め取付工事

雨どい交換・取付

雨どい取付 1m1,800円(材料費含む)より

※撤去・処分代は別途かかります。


雪止め取付け

雪止め(通常の雪止め)の取付け取外し 1個800円より
(長尺用、横葺用、カラーベスト用共)


特殊雪止め(スノーストップ)  
スチール  1個 7,000円より
ステンレス 1個 9,000円より
(屋根の形状などにより値段が変わります。)
※廃棄処分代は別途かかります。

有限会社 アルス住研

〒985-0853 宮城県多賀城市高橋1丁目14-33   

TEL(022)393-4644 FAX(022)393-4645

建設業許可/宮城県知事許可(般-27)第20681号


無料見積 仙台市の塗替えリフォーム相談窓口に

施工エリア

仙台市(青葉区・宮城野区・若林区・泉区・太白区)石巻市・多賀城市・名取市・塩竈市・富谷市・白石市・岩沼市・大崎市・栗原市・東松島市・登米市・角田市

宮城郡(利府町・七ヶ浜町・松島町)黒川郡(大和町・大郷町・大衡村)柴田郡(大河原町・村田町・柴田町・川崎町)

上記地区以外でも、ご要望があれば喜んで伺います。ただ、あまりにも遠いところはご相談ください。相見積りももちろんOKです。

携帯サイト

QRコードからアクセスして下さい。