ホーム塗装について>外壁塗装の施工手順

外壁塗装の目的は、大きく3つに分ける事が出来ます。
1. 外壁材の劣化を防ぐ(ひび割れ・カビ・コケの発生・腐食・欠損等)
2. 外壁塗装によるイメージの一新(リフレッシュ)
3. 外壁塗装によって、付加機能を付ける(防水性・遮熱性・断熱性・光触媒等)

また、外壁を塗装(塗り替え)する際にあたっては、外壁材の「種類・周辺環境・用途」、以前の塗料「種類・状態」によって、外壁用塗料の選定をする必要があります。

外壁塗装の施工手順

施工手順1 |足場組立(仮設工事)


足場というと「費用が高い」というイメージがあるようですが、最近ではそんなこともありません。
足場を組むときには建物からだいたい30cmくらい離して組みます。なので、実際に塗装する建物の面積よりも当然広くなります。

よく広告などで、
「足場を自社で持っている会社は足場代金が節約できるので、塗り替え費用がかなり安くできる」 と書いてあるのを見ますが、正直、足場にかかる費用はあまり変わらないと思います。

なぜかと言うとかりに自社で足場を持っていても、その材料を保管したりメンテナンスしたりするにはコストがかかります。 また足場を組むのは人なので、人件費は同じようにかかります。 さらに足場の専門業者は、足場を組む作業においてはプロフェッショナルですので、塗装職人より作業効率がいいのです。

ですから個人的には、専門業者に頼んだほうが安いと思っています。
最後に塗料の飛散を防ぐために、メッシュシートでしっかりと養生も行います。

施工手順2 |高圧洗浄

外壁の汚れ(ホコリ・カビ・藻等)チョーキングを高圧洗浄機の高水圧(12~15mpa)で、しっかり洗い流します。

 

施工手順3 |下地調整

高圧洗浄では除去する事ができない、脆弱な塗膜(膨れ・剥がれ)がある場合は、スクレイパー等のケレン具を用いて入念に除去します。
高圧洗浄ができない場合は、特に入念に清掃する必要があります。
必要に応じて、防カビ・防藻剤の塗布を行います。

施工手順4 |養生処理

マスカー・ビニル・ガムテープ・マスキングテープ等を用いて、塗装しない部分に塗料が飛散、付着、潜りこまない様、丁寧に養生します。

施工手順5 |下塗り

外壁材や旧塗膜にに適した、カチオン系シーラー・エポキシ系シーラー・微弾性フィラー等を1~2回、ローラーや刷毛を用いて塗布します。

 

施工手順6 |中・上塗り

ウレタン・シリコン・ハルス・フッ素・無機、各種外壁用上塗り塗料を2~3回ローラーや刷毛を用いて塗布します。

施工手順7 |清掃

塗装完了後、養生材を撤去し、周囲に汚れが付着している場合は、丁寧に溶剤・ウェス等を用いて掃除をします。

施工手順8 |手直し

必要に応じて、タッチアップ塗装を行います。

外壁塗装の完了

有限会社 アルス住研

〒985-0853 宮城県多賀城市高橋1丁目14-33   

TEL(022)393-4644 FAX(022)393-4645

建設業許可/宮城県知事許可(般-27)第20681号


無料見積 仙台市の塗替えリフォーム相談窓口に

施工エリア

仙台市(青葉区・宮城野区・若林区・泉区・太白区)石巻市・多賀城市・名取市・塩竈市・富谷市・白石市・岩沼市・大崎市・栗原市・東松島市・登米市・角田市

宮城郡(利府町・七ヶ浜町・松島町)黒川郡(大和町・大郷町・大衡村)柴田郡(大河原町・村田町・柴田町・川崎町)

上記地区以外でも、ご要望があれば喜んで伺います。ただ、あまりにも遠いところはご相談ください。相見積りももちろんOKです。

携帯サイト

QRコードからアクセスして下さい。